これを知っておけば成功間違いナシな産後ダイエットの情報まとめ

HOME » 成功?失敗?産後ダイエット体験レポ » 失敗その2:慣れない運動はやっぱり大変…

失敗その2:慣れない運動はやっぱり大変…

有酸素運動や筋トレなどでカロリーを消費し、体重を落とすという方法は、ダイエットの一般的な方法として認知されていますが、産後のママには少々負担となることも。

激しい運動をし過ぎて体を壊してしまった方や、どうしても続けられなかった方など、運動によるダイエットに失敗したママさんたちの体験談をご紹介します。

産前・産後を通して激しい運動をし続けて…

Kさん(30代主婦・2歳の男の子のママ)

小さい頃からスポーツが大好きだった私は、妊娠中期までジムのインストラクターをしていたこともあり、産前から産後を通して運動を片時も休んだことがありませんでした。

いちおう産院で運動の内容についても確認し、許可を得てはいたのですが、やっぱりちょっと激しすぎたみたいで…。

妊娠中は骨盤を締めるベルトを着用して、腰回し運動やエアロビクス。産後すぐから病室で産褥ベルトを巻いてストレッチや腹筋、背筋、スクワット、インナーマッスルを鍛えるトレーニングなどを行い、看護師さんにもビックリされました。自宅に戻ってからも、子育ての合間に筋トレを欠かさず、ベビーカーに子供を乗せてジョギングもしていたんです。やっぱり体を動かしていないと落ち着かないし、体型が元に戻らないのでは…という不安があったんですね。

産後1年が経った頃、下腹部に違和感がありました。それまでも、生理不順や下腹部痛などがあり、おかしいな~とは思っていたのですが…。子供を連れて公園へ出かけていた時、ベンチからちょっと立ち上がった瞬間に激しい違和感。すぐに婦人科を受診したら、子宮脱になっていました。

お医者さんによると、産後に子宮の戻りを待たないまま激しい運動を繰り返してしまったことが原因とのこと。産後は体を休めておけばよかったと今更ながら後悔しました。

ダイエットには家族の協力も必要と実感

Sさん(20代主婦・4歳女の子のママ・2歳男の子のママ)

長女の出産後に体重がなかなか戻らずに2番目を妊娠してしまい、人生でマックスの体重を更新し続けたまま出産を迎えました。

産後半年くらいたっても、やはり体重が戻らなかったので、『長女を妊娠する前の体重まで戻すぞ!』と意気込んでダイエットを始めたんです。

大好きなケーキやスナック菓子、揚げ物を我慢して、ご飯の量も少し減らしました。でも、空腹に耐えながら授乳していると、仕事から帰ってきた旦那が揚げ物をつまみにビールを飲み始めて…。我慢できないので、旦那が帰ってきたら子供を預けてランニングへ出ることにしたんです。

1ヶ月ほどはランニング生活が続いたんですが、その内に旦那が不満を言い始めました。せっかくの晩酌の時間に1人で子供の世話をしたくない、と。無理してランニングをしてもあまり痩せなかったし、帰ったとたんに旦那に文句を言われるわ、子供は泣き叫んでるわ…。

あまりにしんどいので、ダイエットはやめてしまいました。

決意だけで何も続かず…挫折しました

Eさん(40代主婦・3歳男の子のママ)

30代最後の年にやっと授かって男の子を出産しました。元来のんびりした性格の私は、妊娠中も出産後も何も気にせず食べ続け、気が付けば体重が激増。卒乳してさらに体重が増え、妊娠前よりも12キロも増えた状態になっていました。

これではさすがにマズいと思い、何かダイエットをしなければと考えた末、食事制限はツラいので運動をしようと決意しました。そこで、子供が幼稚園に入園することが決まったのと同時に、夫に相談してスポーツジムに入会させてもらったんです。ジム用のウエアやシューズ、水着などを一通り買い揃え、後は毎日通って運動するばかり!となったのですが…。

息子を幼稚園バスに乗せ、ジムに向かおうと思っても、ご近所の奥さんやママ友とのおしゃべりに夢中になってしまったりして、中々ジムに足が向きません。幼稚園に入園すると、保護者会の行事や付き合いなんかがあって、結構忙しいんですね。お昼を過ぎるとすぐに息子が帰ってきてしまうし…。

結局スポーツジムにはろくに通えず、退会してしまいました。「子供が小学校に入学したらまた始めるから」と夫に言ったら、ため息をつかれました(笑)

 
スリムママを目指す産後ダイエット講座