これを知っておけば成功間違いナシな産後ダイエットの情報まとめ

HOME » 産後ダイエット講座1:まずは食事改善から » キホンの考え方

キホンの考え方

食事の改善によるダイエットと言うと、カロリーや食事量の制限などが一般的ですが、産後ダイエットの場合は、ママの身体をいたわることや母乳への影響など、気を付けなければならないことがいくつかあります。できるだけ苦しい思いをせず、健康に体重を落とすポイントをまとめてみました。 

無理な食事制限やファスティングは産後ダイエットでは厳禁!

食事制限の考え方妊娠・出産という大事業を成し遂げたママの体は、大きなダメージを受けていて当然。さらに出産後すぐに不眠不休の新生児育児へと突入しているわけですから、疲れもたまってしまいます。

そんな中で、食事量を極端に制限したダイエットを行うと、産後の体力の回復を妨げるだけではなく、母乳の量が減ったり、母乳の質が悪くなってしまうことも。いくらママがスリムになるためとはいえ、大切な赤ちゃんの健康を損なうような結果になってしまっては、元も子もありませんね。

世の中では、炭水化物を制限するダイエットや、食事の替わりにドリンクなどに置き換えて行うファスティングダイエットが流行していますが、食事の量や一部の栄養素を極端に制限する方法は、産後のママの体には不向きです。ビタミンやミネラル、タンパク質などをバランスよく摂りながら授乳し、自然に体重を落としていくのが理想なのです。

出産を経て体型や体重が変わるだけではなく、体質も大きく変化する人が多いといいます。妊娠前までは不摂生やストレスフルな生活を送っていたという方も、妊娠・出産は身体をリセットする大きなチャンス。産後ダイエットは必要な栄養素はしっかりと摂り、不要なものを少しずつカットする食事改善法で、健康な身体を基礎から作り直しましょう。

脂質・糖質はできるだけ避けるべし!

出産後、母乳育児を実践されているママさんからよく聞くのは『甘いものと脂っこいものは食べないように注意している』という言葉。脂質や糖分を摂りすぎると母乳の質が悪くなって詰りを起こし、ツラい乳腺炎の原因となってしまうからです。

糖質と脂質をできるだけ摂らないように制限することは、母乳育児にとってはとても大切ですが、実は産後ダイエットのためにも重要なこと。通常、食事制限ダイエットでは脂質や糖質を制限するのがごく一般的と言えますが、特に授乳中のママさんの場合は炭水化物やタンパク質などの栄養素を制限するダイエットができないので、減らすべきところは糖質と脂質というわけです。

スムーズな母乳育児とダイエットを同時に進行させるために、甘いものと揚げ物はできるだけガマン!というのが得策なのです。

水分はたっぷりと摂るべし!

授乳中のママは、とにかく水分不足になりがち。私の場合は、喉が渇いたと感じなくても、水やお茶などを事あるごとに口にするようにしていました。便秘の解消にもなりますし、おっぱいをあげていると、無性にお腹が空いてくるので空腹感を紛らわすためにも、飲み物を活用すると良いようです。

水分補給の際に重要なのは、甘いジュースなどは避けること。お水や麦茶などに飽きてきたら、野菜や果物を絞った自家製ジュースや、スープなどを摂るようにしましょう。食事の前にスープや野菜ジュースを飲むことで、ビタミンやミネラルなどの栄養補給になりますし、お腹が膨れるので食事の食べ過ぎを防ぐこともできますね。

産後ダイエット中の食事には、ぜひともスープや汁物メニューを取り入れることをおすすめします。

 
スリムママを目指す産後ダイエット講座