これを知っておけば成功間違いナシな産後ダイエットの情報まとめ

HOME » 産後ダイエット講座1:まずは食事改善から » おすすめメニューをチェック

おすすめメニューをチェック

無理なく体重を落とすことができて、産後で授乳中のママの体に必要な栄養も補給できる産後ダイエット用の食事とは、どのようなものなのでしょうか。

産後ダイエットにおすすめの食材・NG食材

産後に限らず、ダイエット中の食事に最適な食材やメニューとNGな食材やメニューというものがあります。ご自身の美容に役立つだけではなく、家族の健康を守る上でも必要な知識ですので、ぜひチェックしておきましょう。

以下に、おすすめ食材とNG食材をまとめていますので、参考になさってください。

<産後ダイエットにおすすめの食材>

  • 魚類(特にイワシなどの小魚、青魚、赤身の魚)
  • 野菜(ビタミン・カルシウム・繊維質が豊富)
  • 豚肉(ビタミン豊富)
  • 貝類(アサリ・牡蠣などは脂肪燃焼を助けるマグネシウムが豊富)
  • 玄米(食物繊維豊富)
  • 海藻(ミネラルと繊維が豊富)
  • 豆腐、納豆などの豆類(高たんぱく低カロリー)
  • 乳製品(脂肪分の少ないヨーグルトがおすすめ)
  • ナッツ類(脂質が多いので摂り過ぎは注意)
  • きのこ類(繊維が豊富)

<産後ダイエットにNGな食材・メニュー>

  • ケーキなど脂質と糖質の多いもの
  • ジュースなど甘い飲み物
  • あまり噛む必要のない柔らかい食べ物
  • 脂質の多い肉類、揚げ物など

産後ダイエットのための食事のポイント

これからご紹介するメニューは、一般的なダイエットと共通する部分もありますから、家族みんなの食事に気をつければ、ご主人の減量にも役立って一石二鳥かもしれませんよ。 

揚げ物は控えめに!和食中心に切り替える

とにかく脂質を抑えるのがポイント。揚げ物や脂分の多いメニューはできるだけ避けることをおすすめしますが、食事のメインに揚げ物を持ってくる場合は、夕食はやめてランチに、といった工夫が必要です。

ただし、極端な油抜きダイエットは皮膚の乾燥やシワを増やしてしまったり、便秘を引き起こすことにもなりますから、適度に摂取することを考えましょう。お肉よりはお魚で脂質を摂るのがおすすめです。

さらに、脂質が多くなりがちな洋食メニューよりも、和食中心の食事に切り替えるのもいいですね。和食は、野菜や海草、小魚、豆類などを多く摂取できるのが特徴で、日本人の体質にもピッタリの健康食です。カロリーを減らしつつ、栄養バランスを整えることができるので、産後ダイエットにはもってこいです。

栄養バランスを重視して!主食は玄米を

産後ダイエットでは、授乳中であることも考えて、食事量や摂取する栄養素を減らすことは避けなければなりません。食事の量やカロリーを気にするあまり、栄養不足にならないよう気を付けましょう。

ビタミンとカルシウムが豊富な野菜や小魚、ミネラル豊富な海藻や豆類などをバランスよく食べて、主食は軽めに摂るのがポイント。授乳していてどうしてもお腹が空いてしまう…という場合は、主食を白米から玄米に変えるだけでも効果的。白米よりも食物繊維などの栄養素を多く摂ることができますし、よく噛んで食べるので満腹感が得られやすいのもいいですね。

汁物と野菜ジュースを食事に取り入れよう

食事には、澄まし汁や味噌汁、スープなどをおかずの一品として取り入れましょう。汁ものにすれば、キノコや海藻、野菜、お豆腐などを手軽に摂取できますし、食事の最初に食べれば食べ過ぎを防ぐ効果もあります。体も温まるので産後ママの体に優しいですよ。

シャキッと目覚めたい朝ごはんには、お好きな野菜や果物をジューサーに入れてミックスした野菜ジュースやスムージーを。フルーツはビタミン豊富な食材ですが、フルーツに含まれる果糖は意外と太りやすいので、1日の内でも朝に摂るのがベストです。

栄養をバランスよく摂れて水分補給にも役立つ、汁物やジュースを1食に1品取り入れるのが、産後ダイエットのポイントです。

 
スリムママを目指す産後ダイエット講座