これを知っておけば成功間違いナシな産後ダイエットの情報まとめ

HOME » 産後ダイエット講座2:骨盤矯正で下半身をケア » 基本の考え方

基本の考え方

産後ダイエットの基本は、正しく骨盤矯正を行うことにあります。骨盤の歪みを修正して、身体を上手にリセットしましょう。

妊娠と出産を経た女性の骨盤は、通常より開いてしまっている状態。これをキチンと引き締めておかないと、下腹ポッコリや下半身太りの原因となるだけではなく、全身のコリや冷え、肥満の原因となってしまうこともあるそうです。

骨盤の歪みが全身不調の原因になることも

骨盤矯正はキホンです骨盤は人間の体の中心にあり、上半身と下半身をつないでいると同時に、左右のバランスを保つために重要な役割を果たしています。出産によって骨盤が開いたり歪んだりしていると、骨盤のバランスの悪さが全身にまで影響を与えてしまうと言われているのです。

例えば、骨盤が水平を保てず左に傾いているとすると、上半身も下半身もつられて左に傾いてしまいます。人間は、目の高さを平行に保とうとするあまり、顔や首を歪ませたりして、無理にバランスを取ろうとしてしまうのだとか。骨盤の歪みが顔にまで及んでしまい、肩や首のコリにつながります。歯の噛み合わせに影響したり、慢性的な頭痛などを起こしてしまうこともあるのです。

骨盤の歪みは背骨を伝わって全身に及びます。全身のいたるところで起こる歪みは、身体のあらゆる不調の原因となってしまうのです。

産後ダイエット目的以外でも、骨盤の歪みを直すのは必須だといえます。

骨盤の歪みは基礎代謝の低下も引き起こす!?

骨盤の歪みから始まる全身の歪みは、骨を支えている筋肉のバランスも崩し、筋力低下を招くことに。

骨格のバランスが悪い状態が続くと、それを支える筋肉に疲労がたまり、血流やリンパの流れを阻害。筋力が弱ってしまい、体を維持するために消費されるカロリー量である、基礎代謝が落ちてしまうのだとか。

基礎代謝が落ちるということは、摂取したカロリーを効率よく消費できなくなり、余分なカロリーは体に脂肪として蓄積されることに…。産後はただでさえ運動不足で筋力が低下し、基礎代謝が落ちやすくなっていますから、ますます太りやすくて痩せにくい体になってしまいます。骨盤がゆがんだままでは、産後ダイエットに成功するどころか、産後太りに拍車がかかる…というわけです。

骨盤の開きが下半身太りにつながる

骨盤の開きはポッコリお腹や、下半身全体のむくみ、手足の冷えの原因となってしまうこともあります。

なぜなら、骨盤の中に位置しているインナーマッスル(正確には骨盤底筋群と言います)の機能が低下してしまうから。この筋肉は、骨盤を支えながら内臓を正しい位置にキープする機能も果たしています。ところが、産後に骨盤が開いたままになっていると、内臓が下へ下がってきて背骨に圧力がかかってしまい、背骨側の筋肉だけが緊張することに。結果として、お腹側の筋肉がゆるみ、下腹がポッコリ突き出てしまうというわけです。

さらに、内臓の位置が下がってしまうことにより、内臓そのものの働きも低下してしまうそう。腎臓や肝臓などの血流や水分循環が阻害され、手足のむくみや冷えを引き起こすこともあります。腸の働きが悪くなると、当然ですが便秘も起こりますね。

このように、骨盤の開きや歪みが原因となる全身の不調はさまざまあります。お腹周りや下半身太りだけではなく、基礎代謝の低下によって太りやすい体質になり、本格的な肥満へとつながってしまう可能性も大ですから、産後は骨盤ケアを重点的に行う必要があるのです。

 
スリムママを目指す産後ダイエット講座